ブログ関連

GRC の意外な落とし穴!使い方を間違えないポイント解説

この記事で分かること

  • GRCの選び方
  • メリット・デメリット
  • 料金・使い方

検索順位チェックツールGRCは
その名の通り自分のブログが何位に
表示されているか一覧でチェックできる

検索ツール!

SEO対策でほとんどのブロガーさんが
使用しています。

SEO対策のプロも愛用。検索順位チェックツールGRC

ブログ初心者さん向けに分かりやすく
まとめてみたのでぜひ気になる目次から
チェックしてみて下さい♪

GRCの種類

結論からいうと
GRCには3種類あるのをご存じでしょうか?

  1. GRC
  2. GRCモバイル
  3. GRC-W

です!

GRCGRCモバイルGRCーW
調査対象PCスマホ海外
検索対象yahoo・Google・BingGoogle海外のGoogle
(日本は対象外)

めめママ

ここが私の
しくじりポイント!笑

種類を知らずに購入してしまいました…。
「どれを選ぶかは人によって違う」
ということ。

Twitterでもアンケートを
とったら意外と知らない人が
多かった…!👇

すでに種類などを把握している方は
これから紹介する口コミや
選び方のポイント含めて
検討してみて下さい!

検索順位チェックツールGRC

検索順位チェックツール GRC の口コミ

私のブログは2021.9月に
50記事完成し、それなりに
収益化できていましたが
上位表示を本格的に狙うために
思い切って購入に踏み切りました。

実際に利用して感じたメリットデメリット

メリット・ワンクリックで検索順位が分かる
・一覧で見やすい
・検索語が沢山入れられる
・順位の変動が分かる
・リライト時期が把握できる
デメリット・チェックは1日1回まで
・有料
・大幅な変動で圏外になり落ち込む時アリ
・順位が安定するまで一定期間かかりそわそわする(笑)

私が感じるデメリットは
おもに気持ちの問題ですね。(笑)

無料版もありますが
検索語が5つしか登録できないので
結局有料版にしました。

めめママ

無料版は1記事お試しする用
って感じです。

メリットに関しては
機能そのものが便利なのと
手間いらずでチェック作業の時短に
つながるのでいいこと尽くし。

リライト目安がわかるようになった…!

毎日GRCを使っていると、
順位の変動が落ち着き
だいたいの順位が安定して
くる日がきます。

これはGoogleの基準なので
具体的に順位がいつ頃落ち着く
とは言えません。

しばらくすると毎日同じ順位だったり
誤差が1~2くらいになってくる
ことがあります。

つまり安定してきた時が
リライトのチャンス!!

例えば8位まで上がったのにそれ以降
あまり変動しなくなった場合は
上位7位までの記事の方が
質が良く信頼性の高い記事

Googleに評価されている証拠!

上位の記事をチェックして
それよりも質の良い内容にリライトしたり
タイトルを見直す必要があります。

めめママ

私は基本1,2カ月後に
リライトすることが
多いです。

実際にリライトすると
反映が早ければ翌日にいきなり
上がっていることも…!👇

GRC

逆にタイトル変更し、
オリジナリティー出しすぎて
下がることもあります(笑)

(その時はいったん元に戻してます)

GRCを導入しておけば
書いた記事の順位がすぐ分かるので
長期でブログを頑張りたい方には
必須のツール!ともいえますね♪

GRCで検索順位をチェックしてみる

GRC の金額一覧。私のおすすめは1年プラン!

GRCの料金プランはこちら👇

GRC
※GRC
めめママ

ブログ初心者であれば
断然ベーシック!!

上記の内容を解説すると

月払い料金毎月支払い
年払い料金年払い一括(月払いより2か月分お得
URL数ブログサイトの数(登録できる順位チェック対象のURLの数の上限)
検索語数登録できる総項目数(例:「子供 歯ブラシ おすすめ」などで1項目)
上位追跡指定した検索語の検索結果上位サイトの順位履歴
リモート閲覧LANでつながっている他のPCのGRCのデータを閲覧する機能
CSV自動保存順位チェック完了時に自動的に順位データCSVファイルを出力する機能

※一部GRCより引用

1番安いベーシックでも
検索語数は500項目入るので十分!!

URL数に関しては
自身のブログサイトのURLのみ
入れることが多いと思うので
上限には達しないと思います。
(もちろんライバルサイトの登録も可能)

安心ポイントは、年払いにしても
自動更新がないところ。

めめママ

1年後継続する場合は
自分でまた購入が必要なので
万が一放置しても安心。

なので「使いこなせるか不安」という方は
月払いにして1カ月お試ししてみるのも
アリです。

GRCを試してみる

GRC の選び方とポイント

GRCGRCモバイルGRCーW
調査対象PCスマホ海外
検索対象yahoo・Google・BingGoogle海外のGoogle
(日本は対象外)

※GRCの種類

私は圧倒的にスマホ流入のブログなのに
種類があることを知らなかったため
迷わずGRCを購入。笑

注意してほしいのは

  • GRC
  • GRCモバイル
  • GRC-W

それぞれにライセンス購入
必要ということ!

めめママ

GRCを購入しても
GRCモバイルは
チェックできません。
別料金です。

つまり、自分のブログが
どこから読まれているか?
最初にチェックして流入の多いツールを
使用することをおすすめします。

※チェック方法は
Googleアナリティクスのホームにある
「デバイス別セッション数」で
確認できます👇

私は後からGRCモバイルも買い直した
んですが(もったいない!笑)
両方活用していて思ったのは、

  • GRCのGoogle
  • GRCモバイル

順位の差異はそこまでなかった!👇

※Googleモバイルの場合はYahoo・Bingは見れません。

もちろん差が出ることもありますが
1~3位程度の誤差です。

そしてスマホ流入が多くても
GRCを使うもう一つのメリットは
Bingに高確率で上位表示されているので
「自分の記事は有益なんだ!」と
自身を持てること。👇

私は健康系の記事も発信してるので
Googleにランクインしても
1ページ目に表示されることは
まずありません。
(医院ブログに埋め尽くされる…)

なのでBingで上位表示が分かると
「記事の質はいいのかな?」と
励みになります。泣

よく見かけるのは

  • Google8割
  • Yahoo1割
  • Bing1割

利用者のほとんどがGoogleなので
Yahoo、Bingは参考にしなくていい

という意見。

確かにGoogleでの流入が多い方が
いいかもしれないけど
初心者ブロガーにとっての1割って
結構重要ですよね?笑

めめママ

むしろ1割の人に読まれたら
嬉しいくらいです。

BingやYahooでも上位表示なら
見込み集客として重要と考えます。

ですが、
企業向けの記事を書いている人以外は
ほとんどの方がスマホで検索なので、
GRCモバイルを購入する方が
多いようです。

さっそくGRCを導入する!

GRCのダウンロード方法と使い方

ここまでの説明で
GRCを導入しようと思った方は
以下を参考にしてみて下さい。

ダウンロード方法

まず、こちらにアクセスします👇

検索順位チェックツールGRC

①トップページ左側の
「ライセンス購入」をクリック👇

②一番下の赤枠をクリック👇

③月払いか年払いを選択👇
(年払いは2か月分お得)

④ここで初めてGRCの種類を選択!👇
(チェックして「次へ」を押す)

⑤購入するライセンスを選ぶ👇
(チェックして「次へ」を押す)

⑥間違いなければ「次へ」を押す👇

⑦赤枠に必要事項を記入し
「確認画面へ」をクリック👇

⑧「ライセンス購入を申し込む」をクリック👇

これで完了!

あとは振込等の決済後に
利用案内通知のメールが届くので
すぐに使えるようになります♪

使い方

詳しい使い方はトップページの
「基本の使い方」に分かりやすく
載っているので私もそれに沿って
登録していきました👇

利用方法も簡単なので
1度登録しておけば検索順位の確認が
毎日楽ですよ♪

GRCを試してみる

GRCはブログ初心者でも有効

GRCは記事数が増えたら
導入を考えてみて下さい!

  • どの記事がランクインされているか
  • リライト時期はいつがいいか

などが把握しやすくなるので
ブログ作業を効率アップするためにも
有益なツールです♪

GRCで順位チェックしてみる

ライバル記事のチェックも
しやすくなるので他の方の
記事の書き方ASP案件の書き方
参考にしながらオリジナルの記事で
上位を目指しましょう!

記事が1ページ目に載ることで
1日のPV数やクリック数も
劇的に変わります✨

私のような2重購入にならないよう
にお気を付けください!笑

最後まで見て下さり
ありがとうございました。

ABOUT ME
めめママ
♦歯科衛生士歴10年✨ 審美・インプラントなどの自費診療~ 虫歯治療・歯周病・小児・矯正まで幅広く経験。 ♦転勤族。主人・娘(3歳・1歳)の4人暮らし。  ♦主に「知って得する歯科情報」「子育てお役立ち情報」をメインに発信しています♪
にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村