歯科情報

歯医者の クリーニング はどのくらいの頻度?行うべき3つの理由

歯医者の クリーニング はどのくらいの頻度?行うべき3つの理由

歯医者の クリーニング
どのくらいの頻度で通うべきなのか
悩みますよね。

歯医者によっても料金時間
異なることが多く、実際に行う内容も
医院によって特色があったりするんです…!

そこで今回は

  • どのくらいの頻度がベストか?
  • クリーニングで行うこと
  • 時間や料金の相場
  • クリーニングを行うべき3つの理由

を歯科医院に長く勤める私が
経験と知識を元に分かりやすく
解説していきたいと思います!

【この記事の作成者】

【めめママ】
  • 歯科衛生士歴10年
  • 虫歯、歯周病、審美、外科、小児、矯正など歯科に関係するほぼすべての分野で実践経験あり。
  • 2人の子を持つ育児奮闘中ママ

歯医者の クリーニング はどのくらいの頻度?

歯医者のクリーニング

歯科医院にもよりますが
通常は3~4か月に1度のペース
推奨しています。

理由はおもに2つ。

1つは
クリーニング後、薬用成分の効果
約1カ月は歯垢が付きづらい
状態を保ってくれ
るから

めめママ

生活習慣にもよりますが
汚れがリセットされ歯ブラシでも
落としやすい状態になっています

実際にクリーニング後は
歯がツルツルした感覚がありますよね。

薬用成分が働き歯垢が付きやすい細菌膜
はがしてコーティングされています。

2つ目は
歯周病への進行リスクが上がる前に
リセットするため。

めめママ

基本歯周病へ進行すると
完治はできません。

ですので、

  • 歯茎から血が出る
  • 磨き残しで歯垢→歯石になった

といった初期症状のときに
プロのクリーニングで原因菌を除去
しておく必要があります。


しかし、口内はひとそれぞれ。
次の状態の方はクリーニングの頻度が
異なります。

クリーニング の頻度は口内の状態で異なる

以下のような患者さんはクリーニングの
推奨期間が異なる場合があります。

  1. 歯周病治療して間もない方
  2. 虫歯になりやすい方
  3. セルフケアが上手な方

※歯科ごとの方針にもよるので、実際の経験をもとに解説します。
参考程度にとどめていただけると嬉しいです。

①歯周病治療して間もない方

歯周病

歯医者で歯周病と診断され、
治療を行い間もない方は1~2か月後
行くのがおすすめです。

元々、歯石の付きやすい口内もしくは
歯磨きが苦手で歯周病になっているため、
セルフコントロールが完全ではなく、
さらに進行しないように予防するためです。

めめママ

治療が終了してからがスタート!
と思って、今の状態を
キープできるように心がけましょう

②虫歯になりやすい方

虫歯

唾液の質や食生活などが原因で
虫歯になりやすい方は
3カ月おきにしっかり行くのがおすすめです。

高濃度フッ素塗布も一緒に行い
歯質強化することで、虫歯菌を抑制
虫歯になりづらい環境に整えていきます。

自宅でも行えるフッ素商品があるので
日常の歯磨きに併用すると
より虫歯予防につながりますよ✨

自宅でできる フッ素塗布 !おすすめ商品と効果的な使い方
自宅でできる フッ素塗布 !おすすめ商品と効果的な使い方 自宅でもフッ素塗布がしたい大人も子供も一緒に使えるものはある?次の定期検診までに虫歯ができないか不安 虫歯のリスクが高い方や...


③セルフケアが上手な方

歯磨きやフロスが自分でしっかりでき
クリーニング時にも
ほとんど歯石が無い方がいます✨

そんな方は半年に1回
をおすすめすることがあります。

「自分でできているのに
なぜ歯医者へ行く必要があるの?」

と思う方もいるかもしれません。
理由は、歯間の虫歯
歯の根っこの方で膿が溜まるなど
慢性的に感染する恐れのある病気を
早期発見するためです。

めめママ

レントゲン撮影すると
目で見えない虫歯を発見する
ことができます。

つまり、
きれいに歯磨きができている方でも
プロのクリーニングや虫歯チェックは
必要になります。

上記で説明したペースは
あくまでも目安です。


クリーニング時に【歯磨き指導】を受け
歯磨きのテクニックをマスターして
いきましょう♪

クリーニング って何するの?

歯医者で受けるクリーニングは
術後ツルツルになりスッキリしますよね✨

どのように行っているか
以下で解説します👇

①スケーリングで歯石除去!

スケーリング

スケーリングとは歯石除去のことです。
磨き残しで歯垢が石灰化し歯石になります。

めめママ

歯石になると歯磨きでは
取れません💦

実際に3カ月後にクリーニングに来ると
歯石が付いていない方は
ほとんどいません…!

そのくらい短期間で
蓄積してしまうものなのです。

これを歯科衛生士が全体的に
水が出る音波の機械で除去していきます✨

②ポリッシングで歯面が滑沢に

ポリッシング

スケーリング後は薬用成分の配合された
ペースト
ポリッシングをしていきます。

このペーストとブラシの付いた機械で
歯に付いた細かい傷を修復
着色やヤニなどを除去することができます✨

めめママ

クリーニング後に
歯がツルツルするのは
ポリッシングしているから♪

強固なヤニなどの場合は
微粒子の粉末剤ではじきとばし、
その後ポリッシングでツヤ出しします。

以上の行程でクリーニングすることで
バイオフィルム(汚れが張り付きやすい膜)
がはがれ、ペーストでコーティングされる
ので歯垢が付きづらい環境リセット
されるのです✨

では次に、クリーニングにかかる
時間や料金について解説していきます👇

クリーニング の時間や料金はどのくらい?

① クリーニング の時間

クリーニング時間は約30分~1時間です。
歯石や着色の量によって
時間目安が変わります。

クリーニング時は
虫歯チェックや歯磨き指導も
一緒に行うことが多いので
1時間はかかると思っていただいた方が
いいと思います。

② クリーニング の料金

基本、定期検診で行うクリーニングは
保険診療で3000円~3500円が相場です。

ただし、ポリッシングに関しては
「予防」というくくりで自費診療
している歯医者もあるので
料金は事前にチェックしてから
受診することをおすすめします…!

定期検診の内容については
こちらの記事をご覧ください👇

歯医者の 定期検診 は行くべき?検診内容まで徹底解説!
歯医者の 定期検診 は行くべき?検診内容まで徹底解説! 歯医者の 定期検診 の重要度について めめママ こんにちは!突然ですが、歯のメンテナンスしてますか?? この記事...

クリーニング を行うべき3つの理由

最後に定期的にプロのクリーニングを
受ける必要があるのか?

おもな理由は3つ👇

  1. 歯磨きでは取れない汚れが落ちる
  2. 3つの予防につながる
  3. 将来の医療費削減

これらの理由を解説していきます。

①歯磨きでは取れない汚れが取れる

先ほど述べたように歯石
歯磨きで落とすことができません。

蓄積されると歯茎が炎症して
歯肉炎になり、歯周病へと進行します。

歯周病へと進行してしまうと
歯を支えている骨が下がってしまい
一度減った骨は自力での回復が難しくなります。

めめママ

たとえ進行しても治療して
現状維持は可能です✨

重度の歯周病になると
支えた骨がなくなり歯が揺れて
抜けてしまう怖い感染症
なので
定期的にプロのクリーニングが必要です!

特にブラシテクニックに自信のない方や
妊娠中の方はリスクが高いため
体調の良い日に通うようにしましょう。

着色に関しては
ホワイトニング歯磨き粉で
徐々にですが落とすことができます✨

気になる方は
こちらの記事をご覧ください👇

【 ホワイトニング歯磨き粉 】歯科衛生士が厳選したおすすめ5選
【 ホワイトニング歯磨き粉 】歯科衛生士が厳選したおすすめ5選 ホワイトニング歯磨き粉のおすすめが知りたい歯に良い成分で白くしたい選ぶときに注意するポイントはある? ホワイトニング歯磨き粉...

②3つの予防につながる

クリーニングすることで
虫歯・歯周病・口臭の予防につながります✨

口内の細菌数が減るので
原因菌の付着が抑制され、
免疫力アップにもおすすめです。

「セルフコントロールで
歯ブラシにこだわりフロスもしているのに
虫歯になりやすい…!」

そんな方は口内環境を根本から整える
乳酸菌タブレットの併用をおすすめします。

歯磨き後に摂取することで
口内の良い菌を残し、
虫歯や歯周病の原因菌を抑制してくれます。

また、これらの菌が抑制されることで
口臭ケアにも役立つので
当てはまる方はぜひ試してみて下さい♪

お口の健康に役立つ乳酸菌タブレットとは? 効果やおすすめ品まで歯科衛生士が徹底解説!
お口の健康に役立つ乳酸菌タブレットとは? 効果やおすすめ品まで歯科衛生士が徹底解説! 【この記事で分かること】 乳酸菌タブレットとは?効果・選び方おすすめ商品効果的な摂取方法 歯の健康を予防するた...

③将来の医療費削減

定期的にクリーニングをすることで
将来虫歯や歯周病で歯が抜ける」といった
リスクが減ります。

1本歯が抜けた場合の治療費は
約1万円~40万円…!

保険診療でも1万円以上はかかりますし、
インプラントの自費診療であれば
1本あたりおよそ40万です。

今は何ともなくても、特に歯周病は
慢性的な感染症なので痛みや症状が出づらく
じわじわと時間をかけて50代60代頃
いきなりきます。

その時に持病がある可能性も
あるので治療費がかさみますよね💦

つまり、
1回約3000円のクリーニング
惜しまないでください。

美容院で髪を切るように
歯医者でクリーニングをして
定期的にリセットしましょう。

めめママ

将来の多額の医療費が
削減できますし、健康投資にも
なります。

歯を抜いたときにほとんどの人が○○と言う

歯が抜けてから
「あの時定期的にクリーニングを受けて
ちゃんと歯磨きもしていればよかった」

と100人中100人が言います。

治療に来る時期が遅く手遅れな状態の方を
何人も見てきましたが、
みなさん口をそろえて言います。

ですが、そんな辛い経験をされた方が
キレイな口内に変わりセルフケアを
徹底するようになっている姿も
沢山みてきました!

めめママ

すでにブリッジや入れ歯にしている
方でも遅いことはありません!

今の状態を現状維持するのが
健康な歯を保つ秘訣です!

予防意識を高めたい方向けに
おすすめの歯科グッズ
も掲載しているので
よろしければ併せて参考にしてくださると
うれしいです。

歯科衛生士おすすめの 歯ブラシ と歯磨きグッズ9選
歯科衛生士おすすめの 歯ブラシ と歯磨きグッズ9選 おすすめ 歯ブラシ と予防意識が高まる歯磨きグッズを紹介! 歯科医院で長く勤めている私がこれまで様々な歯科グッズ...

最後まで見て下さり
ありがとうございました。

ABOUT ME
めめママ
♦歯科衛生士歴10年✨ 審美・インプラントなどの自費診療~ 虫歯治療・歯周病・小児・矯正まで幅広く経験。 ♦転勤族。主人・娘(3歳・1歳)の4人暮らし。  ♦主に「知って得する歯科情報」「子育てお役立ち情報」をメインに発信しています♪
関連記事
にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村