歯科情報

虫歯 になりやすい子供の特徴とは?

~ 虫歯 になりやすい子の特徴について~

この記事はこのようなお子様をもつ方に
おすすめの記事です👇

  • 園の歯科健診で虫歯と診断された
  • 子供が虫歯になりやすい
  • 歯の溝が黒い…
  • 歯の表面が白く濁っている
  • 断乳できなくて虫歯が心配💦

「え、歯の溝が黒い!」
「毎日仕上げ磨きしてるのに虫歯と言われた…」

日々頑張っているのに子供に虫歯が
できてしまうととてもショックですよね。

歯科医院でも
「私の遺伝でしょうか?💦」
と心配されるママさんも
いらっしゃいます。

そこで今回は

  • 虫歯になりやすい子の特徴
  • 健康な歯をプレゼントするために心がける7つのこと

を歯科医院で長く勤める
私の体験と知識を元に徹底解説します!

めめママ

ぜひ最後までご覧ください。

【この記事の作成者】

【めめママ】
  • 歯科衛生士歴10年
  • 2人の子を持つママ
  • 「健康な歯で楽しく長生き」を
    モットーに歯科・子育てのブログを
    発信しています

虫歯 になりやすい子の特徴とは?

虫歯

虫歯になりやすい主な原因はこの7つ👇

  1. 唾液の分泌量が少なめ
  2. パパ、ママに虫歯が多い
  3. 清涼飲料水やジュースの摂りすぎ
  4. 持病があり免疫力が低い
  5. 口呼吸
  6. 歯並びが悪い
  7. 正しいブラッシングができていない

理由も含めて分かりやすく
解説していきます!

1、唾液の分泌が少ない

唾液にはお口の中の食べかすやプラークを
洗い流す「自浄作用」があります。

唾液の分泌が多いほどこの作用は
高まりますが、

  • 生まれつき分泌量が少ない
  • あまり噛まずに飲み込む

など体質や生活習慣で自浄作用が
働きづらく、虫歯になりやすい環境に
なってしまいます。

2、パパ、ママに 虫歯 が多い

はじめに、虫歯は感染症です。

めめママ

家族間で同じ食器やお箸などを
使うと、虫歯菌はお子様の口内にも
感染します…!

よって、パパ・ママが虫歯になりやすいと
子供も感染リスクが高く、必然的に
虫歯になりやすくなってしまいます。

3、清涼飲料水やジュースの摂りすぎ

まずはこちらの表をご覧ください👇

口腔内のpHは6.8~7.0の中性です。

表のとおり
「pH5.5を下回ると酸性になり
歯が溶けてきますよ~」

ということで
pH5.5以下の飲み物を
長時間ダラダラ飲み続けると
歯が溶け虫歯になります。

めめママ

ちなみに胃液はpH2.0!
コーラとほぼ一緒なんです💦

また、「前歯の表面が白く濁っている」
という状態もミルクやジュースなど
飲み物が原因していることが
多いので注意しましょう。

4、持病があり、免疫力が低い

免疫力が低い子は虫歯菌に関わらず
様々な感染症にかかりやすい状態です。

  • 風邪をひきやすい
  • 免疫疾患がある

このような場合は虫歯菌も繁殖しやすく
虫歯になりやすくなってしまいます。

5、口呼吸

寝ている間、お子様の口は閉じていますか?

口が開いたままだと口内が乾燥してしまい
唾液の分泌量が減るので
虫歯や口臭の原因になりやすいです。

めめママ

「うちの子、口臭が…」って
たまに相談されるのですが
口呼吸で寝てる子がほとんど…!

日中もお口がぽかんと開いてないか
チェックしてみましょう!

6、歯並びが悪い

歯並びが悪いと磨き残しが原因
虫歯に…!必ず念入りに仕上げ磨きを
してください✨

7、正しいブラッシングができていない

お子様1人では完璧なブラッシングは
難しいですが、私たち親も

  • 適切な歯ブラシ圧
  • 歯ブラシの当て方
  • フロスのやり方

など正しい方法をマスターしていないと
仕上げ磨きの際に
食べかすを取り逃してしまい
虫歯に進行させてしまう恐れがあります。

健康な歯をプレゼントするために心がける7つのこと

健康な歯を維持するために大事なことは
こちらの7つ!

  1. 唾液の分泌量を上げる
  2. パパママの虫歯菌を感染させない
  3. ジュースをだらだら飲まない
  4. 免疫力を上げる
  5. 口呼吸を改善させる
  6. 歯並びを治す
  7. 正しい歯磨きを学ぶ

めめママ

具体的な方法も一緒に
解説していきます!

1、まず唾液の分泌量をあげる!

まず、日頃から
「よく噛んで食べようね」
声かけしてあげてください。

咀嚼することで唾液の分泌がすすみ
食べかすを洗い流す自浄作用
アップします✨

また顎の成長にもつながるため
適正な位置に歯が並ぶ顎の発達
期待できます。

2、パパママの虫歯菌を感染させない

この予防方法はおもに2つ!

①子供と食器は分ける

同じスプーンやお箸を利用しないように
しましょう。

また、飲み物も同じコップで
飲まない方がいいです。

めめママ

ストローを分けていても
飲み物から虫歯菌がうつります💦

②定期的にクリーニングする

パパママが
歯医者で定期的なクリーニングをすると
歯ブラシでは取れない汚れがリセットされ
口内の細菌数も減らすことができます✨

歯のクリーニングをすることで
虫歯や歯周病のリスクが減り、
お子様の感染も軽減できるので
一石二鳥です!

定期検診については
こちらの記事にまとめてあります👇

歯医者の 定期検診 は行くべき?検診内容まで徹底解説! 歯医者の 定期検診 の重要度について めめママ こんにちは!突然ですが、歯のメンテナンスしてますか?? この記事...

3、ジュースのだらだら飲まない

先ほどの飲み物のpH表のとおり
ジュースや清涼飲料水は酸性度が高く
虫歯リスクが高い飲み物です…!

一番の予防法は全く飲まないことですが
味を覚えてしまっている以上、
それは難しいですよね💦

理想はお茶や水の機会を増やす
飲む時間を短時間に済ませることです。

めめママ

口内は40分ほどかけて
中性に戻ります✨

ですので、ダラダラ飲ませず
「食事中・おやつの時間のみ」などと
時間を決めて飲む時間の間隔
空けてみてください♪

おやつの虫歯になりやすいランキングは
こちらの記事にまとめてあります👇

虫歯 になりやすい子供のおやつランキングTOP5! ~ 虫歯 とおやつの関係性について~ 種類や食べる時間にもよりますが、基本的に虫歯=砂糖と言っていいほど甘いもので虫歯のリスク...

4、免疫力を上げる

免疫力を高めるためには
日常の行動改善が最も効果的です!

具体的には

  •  食事で腸内細菌を獲得する
  • 規則正しい生活を心がける
  • 体温調節機能を発達させる
  • 外遊びさせる
  • 薬を飲ませすぎない

などがあげられます。

身体に良い菌を残して虫歯を予防する
アイテムとしておすすめなのは
食後にタブレットを利用すること…!

こちらは1歳半のお子様から利用可能で
乳酸菌+キシリトール配合

身体に良い菌を残せるだけでなく
キシリトールの配合で
虫歯や歯周病菌の抑制もできるので
虫歯予防+免疫力アップにつながります。

めめママ

家族みんなで利用できるので
免疫力改善+虫歯予防したい方には
おすすめです♪

※その他乳酸菌タブレットのおすすめ商品はこちらの記事

5、口呼吸を改善する

一番のおすすめは歯科医院の受診です。

口呼吸については、鼻づまりなどの
物理的に鼻呼吸が難しい場合以外
歯医者さんに相談し、適切な方法を
確認するのがおすすめです。

年齢に応じた対策方法を提示してくれるので
症状がみられた場合は受診してみましょう。

口呼吸が原因で”口臭”が気になる場合は
こちらの記事も併せてご覧ください👇

歯科衛生士が選ぶ口臭対策のおすすめ商品10選! 口臭 予防におすすめの商品を歯科医院に長く勤める私が経験と知識を元に解説していきます。 この記事を読むと分かること...

6、歯並びを治す

歯並びについても
虫歯や歯周病のリスクが
年齢を増すごとに高まってしまうため
歯磨きしやすい環境に整えるという意味で
矯正することも一つの方法です!


適切な治療時期は人それぞれなので
矯正科のあるクリニックを受診し、
矯正相談をしましょう。

めめママ

矯正相談は基本無料なので
行って損はありません!

詳しくはこちらの記事を
ご覧ください👇

小児 矯正 はいつから?具体的な時期や歯医者の選び方 ~小児 矯正 の開始時期について~ 「子供の歯並びが悪い…💦」 出っ歯受け口 などさまざまな...

7、正しい歯磨きを学ぶ

正しい歯磨き方法を習得するためには

  1. 歯科医院の歯磨き指導
  2. 仕上げ磨きの習慣化
  3. フッ素を利用する

などが有効です✨

①歯科医院での歯磨き指導

仕上げ磨きの適切なやり方を教えてくれたり
お子様本人のブラッシング向上を
目指すための指導

定期的に行うことができます。

めめママ

歯磨きの基本は
優しく・小刻みに動かすです!

指導の際に実践して体感し
歯磨きに対するモチ―ベーションアップ
正しいブラッシングを学ぶことができるので
定期的な歯磨き指導の振り返りで
お子様の将来の虫歯・歯周病予
つながります。

②仕上げ磨きの習慣化

お子様1人では手先が器用に動かせず
どうしても磨き残してしまいます💦

仕上げ磨きは必ず行いましょう。

仕上げ磨きについての詳細は
こちらの記事にまとめてあります👇

【 仕上げ磨き はいつまで?】おすすめの歯ブラシ&歯科グッズをママ衛生士が紹介! 仕上げ磨き はいつまでかご存じですか? 一般的に子供の仕上げ磨きは小学校低学年までを推奨しています! 0歳で歯が...


③フッ素を利用する

フッ素の利用は主に

などがあります。

フッ素を利用することで

  • 虫歯菌の抑制
  • 歯質の強化

に役立つので
歯の生え始めから
取り入れることをおすすめします✨

※子供のフッ素入りおすすめ歯磨き粉はこちらの記事

自宅で行えるフッ素については
こちらの記事をご覧ください👇

フッ素塗布 が自宅でできる!おすすめ商品4選を歯科衛生士が紹介 ~自宅でできる”フッ素塗布”について~こんな方におすすめの記事です👇 虫歯になりやすい治療が終わり予防...

今の子供は100歳まで生きる可能性が高い

人生100年時代…!

今の子供たちは100歳まで
長生きできる環境にあります。

  • 楽しく食事する
  • 滑舌よくお話しする
  • 運動して鍛える

など健康的な老後を過ごすには
「歯」が必要不可欠!!

子供のうちから予防意識を高めることで
フロスの利用や定期検診の受診
大人になった時に当たり前になります。

「虫歯になりにくい歯」の基本は歯磨き!

次にこちらの記事をご覧ください👇

子供用 歯ブラシ おすすめ10選!ママ歯科衛生士が比較・解説! 「子供用 歯ブラシ はどれも一緒?」 そう思っている方も少なくないはず。私も歯科衛生士の仕事をしていなかったらあまり気に...


最後まで読んで下さり
ありがとうございました

ABOUT ME
めめママ
♦歯科衛生士歴10年✨ 審美・インプラントなどの自費診療~ 虫歯治療・歯周病・小児・矯正まで幅広く経験。 ♦転勤族。主人・娘(3歳・1歳)の4人暮らし。  ♦主に「知って得する歯科情報」「子育てお役立ち情報」をメインに発信しています♪
にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村