お役立ち情報

妊娠中 の口内トラブルを予防する3つの方法

妊娠中 の口内トラブルについて!

妊娠を考えている方、または
プレママ・パパさんに
おすすめの内容になっています。

この記事を最後まで読むと分かること👇

  • 妊娠中の口内トラブルによる胎児への影響
  • 口内トラブルを予防する3つの方法
  • つわりがひどい時の歯磨き対策
  • 予防に役立つおすすめ歯科グッズ

妊娠すると口内が荒れやすいのは事実…!
おもな原因は

  • つわり
  • 偏食
  • ホルモンバランスの乱れ

と言われています。

妊娠して嬉しい反面、
体調が優れない日も多くなり
大変ですよね💦

めめママ

私もつわりがひどく
とても苦労しました。

妊婦さんの口内は上記の原因によって

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 歯肉炎
  • 口内炎

などのリスクが高まります。

これらのリスクを下げ、
口内環境を維持するには

  1. セルフケアの見直し
  2. 定期的なクリーニング
  3. 妊産婦健診の受診

この3つの方法で口内トラブルを
未然に防ぐことができます!!

実際に虫歯や歯周病になってしまうと
ママだけでなくお腹の赤ちゃんにも
影響がでるので注意が必要です。

そうならないためにも
原因や対策をしっかり理解し
口内環境を維持することで、
産後も健康な歯を保つことができます。

その辺りも含めて
歯科衛生士の専門知識を元に
解説していきますね!

【この記事の作成者】

【めめママ】
  • 歯科衛生士歴10年
  • 虫歯、歯周病、審美、外科、小児、矯正など歯科に関係するほぼすべての分野で実践経験あり。
  • 2人の子を持つ育児奮闘中ママ

すでに虫歯になっている方
治療法や胎児への影響などをまとめた
こちらの記事からお読みください👇

妊婦 の虫歯治療はできる?痛い時の対策について 妊婦 でも虫歯は治療が可能なのか? 妊娠中に歯が痛くなった💦鏡でみると虫歯になってる…歯ブラシすると血...

妊娠中 の口内トラブルによる胎児への影響

妊娠中

妊娠中の口内トラブルとして
最初にあげたリスクは4つ👇

  • 虫歯
  • 歯周病
  • 歯肉炎
  • 口内炎

これらのトラブルになりやすい原因と
胎児への影響は?という点についてです。

それぞれ原因が異なるので
分けて解説します👇

虫歯の原因と胎児への影響

虫歯になりやすい原因は
つわりにより

  • 歯ブラシがしっかりできない
  • 吐き戻しが続き口内が酸性の状態
  • 偏食や間食が続く

という3点がおもな原因と言われています。

口内が酸性になると
歯が溶けやすくなり、食事でも
酸っぱいものを好む傾向にあるので
虫歯になりやすいです。

安定期に入るとつわりが落ち着く人もいて
一気に食欲が増し、間食が増えがち。

だらだら食べることも
口内が酸性の状態になってしまうため
注意が必要です。

この時点では
胎児へ直接的な影響はありません。

しかし、産後そのままの状態が続くと
ママの虫歯菌が赤ちゃんへ感染する可能性
があります…!

生まれた時の赤ちゃんの口内は無菌の状態

この状態を保たせるためにも
産後忙しい時期ではなく
安定期のうちに治療を済ませましょう。

子供を虫歯から守る方法は
別記事にまとめてありますので
よければあわせてご覧ください👇

乳歯の 虫歯 予防に役立つ7つの方法! 乳歯を 虫歯 から守る方法について! 突然ですが問題です。 Q: 虫歯 菌がお口の中に定着するのは何歳からでしょ...


歯肉炎・歯周病の原因と胎児への影響

妊娠すると女性ホルモンが増加します。
この女性ホルモンは

  • エストロゲン
  • プロゲステロン

という種類がありますが
特にエストロゲンという女性ホルモンが
歯周病菌の増殖を促す作用があり、
妊娠中の歯周病リスクを上げています。

そしてプロゲステロンは
炎症の元になる物質を刺激するため
歯肉炎を引き起こしやすくなります。

めめママ

妊娠初期から増加するので
中期~後期にかけて妊娠性歯肉炎
起こりやすくなるんです…!

これらは口内環境がいいと
起こりにくいのでセルフケアを
しっかり行う必要があります。

気になる胎児への影響は
低体重児・早産のリスクが高まる!
ということ。

歯周病と低体重児早産

妊娠している女性が歯周病に
罹患している場合、低体重児および早
産のリスクが高くなることが指摘され
ております。

※引用元:NPO法人日本臨床歯周病学会

この表のとおり歯周病学会でも
歯周病と胎児へのリスクが
とても高いことを発表しています。

めめママ

アルコールよりも
危険度が高いことが
分かりますね…!

ですので、安定期に入ったら
歯医者でクリーニングをし、
口内環境をリセットすることを
おすすめします。

口内炎の原因と胎児への影響

口内炎は

  • ストレス
  • 疲労
  • 栄養不足
  • 免疫力の低下

などの原因で引き起こされます。

妊娠中はこのすべての原因に
当てはまるため口内炎ができることが
あるんです。

めめママ

私も妊娠初期のつわりと
偏食で口内炎ができました💦

口内炎は
胎児へ直接的な影響はありません。

しかしストレスや疲労などで
お腹が張ってしまったり、
偏食や食欲増加による妊娠性糖尿病の
リスクはでてしまうので

  • 十分な睡眠
  • 栄養バランスのとれた食事
  • ストレス発散

などをできる限りで心がけましょう。

妊娠中 の口内トラブルを予防する3つの方法

上記で説明した
口内トラブルを予防する方法は3つ👇

  1. セルフケアの見直し
  2. 定期的にクリーニング
  3. 妊産婦健診の受診

この3つをしっかり行いましょう!

めめママ

おすすめ品も含め順番に
解説します!

①セルフケアの見直し

妊娠中のセルフケアは
いつも以上に念入りに行う必要があります!

めめママ

特につわりの時期は
歯ブラシができない時も
ありますよね💦

そんな時におすすめなのは

  • コンパクトな歯ブラシ
  • 洗口剤の利用
  • フロスの活用
  • フッ素ケア
  • キシリトール

などが有効です。

①コンパクトな歯ブラシ
口に入れた時の圧迫感が少なく、
細かな部分まで磨くことができるので
虫歯・歯周病予防にも役立ちます。

私がおすすめなのは
機能性に特化したtepe社の歯ブラシ👇

予防先進国スウェーデンの歯ブラシで
毛先の構造が歯面や歯間に行き届きやすく
「しっかり磨けた感じ!」と実感をいただける
患者さんのリピート率も高い商品です。

②洗口剤は市販のものだと刺激が強く
妊娠中には少し使いづらいですよね💦

歯磨きができない時は洗口剤で補い、
体調の良い時間帯に歯磨きしましょう。

刺激の少ない洗口液で
虫歯・歯周病・口臭の原因菌を殺菌できる
商品がこちら👇

グルコン酸クロルヘキシジン(殺菌剤)が
虫歯・歯周病・口臭の原因菌を
最大12時間抑制
してくれます。

刺激がなく、すっきりとしたミント味。
原液を水で薄めて使用するので
市販のものよりコスパが良いのも特長です✨

③フロスは妊娠中でもそうでなくても
セルフケアは必須!

虫歯や歯周病は歯間の汚れから
繁殖して罹患するリスクが高い
です。
特に妊娠中はしっかり行いましょう。

指巻きタイプだと
気持ち悪くなってしまう場合は
糸ようじタイプがおすすめ!

中でもY字型の糸ようじは
奥歯も操作しやすいため
全体の歯間清掃がしやすいです。

フロス初心者の方は
切れにくいテクミクロン糸を
使用しているこちらの糸ようじが
おすすめ👇

洗って繰り返し使えます✨
(衛生上、歯ブラシ交換時期に
一緒に交換しましょう)

④フッ素ケアは歯磨き粉も
もちろん有効ですが、虫歯予防を
目的として利用するようであれば
こちらのホームジェルがおすすめです👇

※引用元:Amazon

通常のフッ素ナトリウムではなく
フッ化第一スズ(970ppm)配合。

スズイオンが含まれているため
虫歯予防だけでなく強い殺菌作用があり、
虫歯や歯周病の原因となる菌を
減らしてくれるのです。

また、
フッ化第一スズ入りの歯みがきジェルを
毎日使うと、虫歯の発生と進行を
98%抑えることが世界的に認められています。

めめママ

毎日の使用が効果的!

使い方はとても簡単!

  1. いつもの歯磨き
  2. ホームジェルを歯ブラシで全体に塗る
  3. うがいせず軽く吐き出す

使用後は30分飲食を控えると
効果的なので就寝前の使用が
おすすめです。

その他フッ素ケア商品を知りたい方は
こちらの記事もあわせてご覧ください👇

フッ素塗布 が自宅でできる!おすすめ商品4選を歯科衛生士が紹介 ~自宅でできる”フッ素塗布”について~こんな方におすすめの記事です👇 虫歯になりやすい治療が終わり予防...

歯磨き粉は刺激や発泡成分がない方が
口内の不快感が減少するため
ジェル歯磨き粉の利用がおすすめです♪

⑤キシリトールは食べづわりの時に
おすすめの予防品です。

めめママ

何か口に入れておかないと
気持ち悪いときに最適です✨

食べづわり対策に
飴を利用する方が多いですが、
虫歯のリスクがかなり高くなるので
あまりおすすめしません。

キシリトールは虫歯菌の酸を抑制する商品で

  • ガム
  • グミ
  • チョコ
  • タブレット

など様々な種類があります。


虫歯予防+食べづわり予防で利用するなら
キシリトール100%商品がおすすめ!

砂糖や果糖配合だと虫歯の原因になります。
(成分表をしっかりチェックしてね)

長時間お口に留めることで
虫歯菌を抑制して歯を強くするので
1番はガムが効果的です👇


食べすぎはお腹をゆるくする原因に
なるので長時間口内に留められる
ガムやタブレットがいいでしょう。

その他キシリトール商品については
こちらの記事にまとめてあります👇

【虫歯予防におすすめ】キシリトール の子供向け商品9選! 子供の虫歯予防に最適な キシリトール 商品を紹介します♪(もちろん大人の方にもおすすめです) この記事を読むと分...

②定期的なクリーニング

普段から歯医者さんで
定期的なクリーニングを行うことを
おすすめします。

主な目的は

  • お口の中の細菌数をリセットする
  • 歯磨きで落とせない汚れを落とせる
  • 虫歯や歯周病の早期発見ができる

このようなメリットがあります✨

めめママ

特に歯周病は
早産の原因リスクにもなりますので
早めに治療しましょう。

クリーニングのタイミングは
つわりがなくなる安定期(妊娠中期)頃に
一度受診するのがおすすめです。

そして、
産後はしばらく育児で手一杯になるので
体調がよければ出産前(妊娠後期)にも
プロのクリーニングで汚れをリセット
しておくのが良いでしょう。

歯医者で行うクリーニングの内容は
こちらにまとめてあります👇

歯医者の クリーニング はどのくらいの頻度?行うべき3つの理由 歯医者の クリーニング はどのくらいの頻度で通うべきなのか悩みますよね。 歯医者によっても料金や時間が異なること...

③妊産婦歯科健診の受診

自治体で母子手帳を受け取る際に
妊産婦歯科健診の受診表がもらえます。

この健診表は

  • 虫歯・歯周病の検査ができる
  • 指定された期間に受診すると1回無料

というものです。

使用できる期間は
妊娠中のみの場合
産後数週間まで使えるものも
ありますので、健診表を受け取った際に
確認してみて下さい。

めめママ

簡単な歯茎の検査もついてるので
歯肉炎のチェックもできます。

この健診を機に虫歯が発見されたり
クリーニングを行うこともできるので
ぜひ活用しましょう!

赤ちゃんが生まれた後も気を付けよう

産後は頻回授乳や日々の育児で
寝不足になりがち。

ホルモンバランスの乱れも続きます💦

ぜひ産後のセルフケアも
無理のない範囲で
念入りに行っていきましょう。

妊娠中は以上のようなリスクと同時に
唾液分泌も低下するため
口臭も気になるところ…!

口臭に関する予防品は
こちらの記事をご覧ください👇

歯科衛生士が選ぶ口臭対策のおすすめ商品10選! 口臭 予防におすすめの商品を歯科医院に長く勤める私が経験と知識を元に解説していきます。 この記事を読むと分かること...

最後まで見て下さり
ありがとうございました。

ABOUT ME
めめママ
♦歯科衛生士歴10年✨ 審美・インプラントなどの自費診療~ 虫歯治療・歯周病・小児・矯正まで幅広く経験。 ♦転勤族。主人・娘(3歳・1歳)の4人暮らし。  ♦主に「知って得する歯科情報」「子育てお役立ち情報」をメインに発信しています♪
にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村