歯科情報

乳歯の 虫歯 予防に役立つ7つの方法!

乳歯を 虫歯 から守る方法について!

突然ですが問題です。

Q: 虫歯 菌がお口の中に定着するのは
何歳からでしょう?

正解は…

1歳半~2歳前後

と言われています。

子どもを虫歯(ミュータンス菌)から守ろう!「感染の窓」とは?

虫歯は感染症です…!
「虫歯になる」=知らない間に他者から
虫歯菌をもらっていることになります💦

ちょうど大人と一緒のごはんが
食べられるようになったり、育児にも
慣れてくるころですよね。

歯も生え揃う段階に入ってきているので
虫歯リスクを抑えるためにも
最後まで読んでくださると嬉しいです。

これから説明する
7つの方法を意識することで
将来的な虫歯リスクを軽減できるので
ぜひ実践してみて下さい✨


【この記事の作成者】

【めめママ】
  • 歯科衛生士歴10年
  • 虫歯、歯周病、審美、外科、小児、矯正など歯科に関係するほぼすべての分野で実践経験あり。
  • 2人の子を持つ育児奮闘中ママ

子供を 虫歯 にさせない7つの方法

乳歯の虫歯予防方法は
おもにこちらの7つが重要です👇

  1. 箸やスプーンを共有しない
  2. キシリトールを食べる
  3. 仕上げ磨きをする
  4. フロスをする
  5. フッ素を活用する
  6. シーラントをする
  7. 家族で定期検診を受診する

注意するポイントやおすすめ歯科グッズも
載せて順番に解説していきます。

1、箸やスプーンを共有しない

食事中、つい自分のお箸で子供に
食べさせてしまうことってありませんか?

あれ、危険です(笑)

私たちに定着している虫歯菌を
子供にあげていることになります💦

そして大皿や鍋など
みんなでつついて食べることも
感染の原因になっています。

よく、ストローを分けて
同じ飲み物を飲んでる親子も
見かけますがあれも意味がありません…!
飲み物から移行します。

めめママ

ついやってしまいますよね💦

飲み物は別々、お箸は取り分け用
準備してあげましょう。

2、キシリトールを食べる

キシリトール虫歯菌を作らせない効果が✨
キシリトール100%の食品を利用して

  • 歯の強化
  • 虫歯になりづらい環境

に習慣づけができます!

めめママ

我が家はしまじろうを
愛用中です💛

その他キシリトールのおすすめ商品は
こちらの記事で紹介しています👇

【虫歯予防におすすめ】キシリトール の子供向け商品9選! 子供の虫歯予防に最適な キシリトール 商品を紹介します♪(もちろん大人の方にもおすすめです) この記事を読むと分...

3、仕上げ磨きをする

小さい頃の仕上げ磨きは毎日必須!✨
手先の動きが未熟なため、
1人でやらせてしまうとどうしても
磨き残しがでてしまい
虫歯菌が蓄積してしまいます💦

仕上げ磨きの目安は小学校低学年頃まで…✨

6歳~12歳頃は”生え変わりの時期”なので
磨き残しが多く、虫歯になることが
増える時期です。

もしも歯医者で虫歯リスクが高いことを
指摘された場合はプラス1年くらい
延長して行うことをおすすめします。

4、フロスをする

歯ブラシだけで磨いたときの
プラーク除去率はおよそ

60%!

残り40%は歯間に残存しています💦
=フロスは毎日必須

特に歯の間の虫歯は
神経に近くなりやすいので注意が必要です。

めめママ

慣れてもらうためにも
小さいうちから習慣づけましょう。

フロスは繊維束が多い方が
除去率がいいので歯茎にも優しく
利用しやすいこちらがおすすめです👇

また、フロスが苦手な方は
奥歯まで操作しやすい
Y字型の糸ようじがいいでしょう。

5、フッ素を活用する

フッ素の種類は

など、方法はさまざま。
定期的に行うことで
虫歯予防&歯の強化につながります✨

歯磨き後にフッ素塗布できる
おすすめ商品はこちら👇

歯科専売品の自宅用フッ素ジェル!
フレーバー豊富で
お子様にも人気の商品です。

歯垢の定着を防ぐ・歯質を強化するためにも
歯医者のフッ素塗布や歯磨き粉の使用は
おすすめです。

6、シーラントをする

乳歯の歯の溝(特に奥歯)は
永久歯に比べて深いため
虫歯の好発部位になります。

そんな溝をシーラントという樹脂で埋め、
汚れが入るのを防ぐ予防法です✨

  • 1歯当たりの治療時間は5分ほど
  • 歯は削らない。痛みもない。
  • 歯医者でできる
めめママ

治療は強制ではなく任意
虫歯リスクの高い子や
歯磨き状態が悪い子には
積極的におすすめしています。

歯医者の定期検診の際、
一緒に治療することもできるので
お子様が一人で座って治療できるように
なってから相談してみてください。

7、家族で定期検診を受診する

こちらで最後になります!

お子様への感染を防ぐためにも
家族みんなで定期検診を受診することを
おすすめします。

定期的なクリーニング

  • 歯ブラシでは取れない汚れが落ちる
  • お口の中の細菌数が減る

以上のことから
大人→子供への感染リスクを減らす
ことができ虫歯予防につながります✨

めめママ

家族全員で同じ歯医者に通ったり
子供→小児歯科、
大人→一般歯科へ別れて通ったり
通院方法は選べます♪

虫歯 予防にはまず歯磨き!

最初にお伝えしたとおり
子供の虫歯菌の定着は
1歳半~2歳前後。

つまり、この時期に

  • 箸やスプーンの共有をしない
  • キシリトールを食べる
  • 仕上げ磨きをする
  • フロスをする
  • フッ素を活用する
  • シーラントをする
  • 家族で定期検診を受診する

上記7つを心がけていれば
虫歯にはなりづらい環境を
維持することができます✨

その中でも重要なのが「歯磨き」

仕上げ磨きの質によって
お子様の虫歯リスクは左右されます。

仕上げ磨きに関する詳細は
こちらの記事を参考にしてみて下さい👇

【 仕上げ磨き はいつまで?】おすすめの歯ブラシ&歯科グッズをママ衛生士が紹介! 仕上げ磨き はいつまでかご存じですか? 一般的に子供の仕上げ磨きは小学校低学年までを推奨しています! 0歳で歯が...

虫歯予防の根本として
虫歯になりづらくする歯質改善
というのも大事になってきます。

  • 歯が白く濁っている
  • 着色しやすい

そんな方はフッ素なしの歯磨き粉で
歯質改善がおすすめです!

フッ素なし 歯磨き粉のおすすめ3選!歯科衛生士が厳選 ”フッ素なし”と聞くと「虫歯予防ができないのかな?」と疑問に感じてしまいますよね。 めめママ 実はフッ素があってもなくて...

以上、乳歯の虫歯予防についてでした!

最後まで読んでくださり
ありがとうございました🌸

ABOUT ME
めめママ
♦歯科衛生士歴10年✨ 審美・インプラントなどの自費診療~ 虫歯治療・歯周病・小児・矯正まで幅広く経験。 ♦転勤族。主人・娘(3歳・1歳)の4人暮らし。  ♦主に「知って得する歯科情報」「子育てお役立ち情報」をメインに発信しています♪
にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村