歯科情報

おしゃぶり はいつまでOK?ベストな卒業時期とやめさせるコツも解説!

赤ちゃんに安心感を与える おしゃぶり 。

寝かしつけの時に
ぐずった時に

そんな理由から使ってみたものの

いつまでにやめればいいのか?
歯並びなどに悪影響は出ないか?

そう感じていらっしゃる方も
多いと思います。

日本では「歯並びが悪くなる」
「クセになる」というマイナス意見の方が
多いですよね…!

そこで今回は
AAP(米国小児科学会)
小児歯科学会の参考文献をもとに

  • おしゃぶりはいつまでOK?
  • ベストな卒業時期とやめさせるコツ
  • 海外で推奨されている意外なメリットとデメリット

について歯科医院に長く勤める私が
実体験もまじえて解説していきます!

おしゃぶりの付き合い方について
分かるようになり、
不安も解消されるので
ぜひ最後まで読んでみて下さい!

【この記事の作成者】

【めめママ】
  • 歯科衛生士歴10年
  • 虫歯・歯周病・審美・外科・小児・矯正など歯科に関係するほぼすべての分野で実践経験あり。
  • 2人の子を持つの育児奮闘中ママ

おしゃぶり は2歳半までには使用をやめた方がいい

おしゃぶりは
奥歯が生え揃う2歳半頃までに
やめるよう推奨されています。

なぜなら
3歳頃にかみ合わせが完成するため
歯並びに影響しないためです。

日本小児歯科学会

2歳半まで常用するのではなく、
発語がみられる1歳を過ぎたころから
徐々に使用する頻度を減らしていくのが
ポイントです✨

ではおしゃぶりを長期間使用すると
どんな悪影響があるのでしょうか?

おしゃぶり が歯並びに与える影響

実際に
3歳以降もおしゃぶりや指しゃぶりを
継続するとこのような歯並びに
なってしまう可能性があります👇

おしゃぶり・指しゃぶりの影響は?

  • 上下噛みあっているのに
    前歯にすき間があいてしまう開咬
  • 上の前歯が前方へ突出してしまう出っ歯
  • 前歯の中心が合わない交叉咬合

このようなリスクが併発してしまうのです。

めめママ

この影響は指しゃぶりも同じ。

できれば歯並びに影響が出る前には
やめさせたいですよね。

小児矯正 はいつから?治療を行うメリット・デメリット ~ 小児矯正 の開始時期について~ 「子供の歯並びが悪い…💦」 出っ歯受け口 などさまざまな...

おしゃぶり を卒業するベストなタイミングは?

ママ

いつ頃やめさせよう…?

歯並びの影響も考えると
なんとかして2歳半頃までには
やめさせたいところ…!

そんな時は他のものに
興味を示す機会が増えたとき

卒業を考えてみて下さい✨

例えば

  • おもちゃに集中する時間が増えた
  • 絵本に興味を持ち始めた
  • お友達と接する機会が増えた

など、その時間からおしゃぶりを
使わなくなることで他への興味がわき、
発語のきっかけ
にもなるので
焦らず徐々に外す時間を設けてみるのが
おすすめです。

おしゃぶりをやめさせるコツがあるので
紹介していきますね♪

ママさんたちの実体験も必見です!!👇

おしゃぶり をやめさせる5つのコツ!

おしゃぶり

おしゃぶりをやめさせたい時の対策
として5つの方法を紹介します!

実際に言われているのがこの5つ👇

  1. 少しずつシフトチェンジ
  2. 自発的やめられるように言葉で伝える
  3. 自然消滅を待つ
  4. 散歩などのスキンシップをとる
  5. 見えない場所に隠す

私のインスタ(@meme_shika)で
おしゃぶり卒業のアンケートもとったので
ママさんたちの実体験も含めて
紹介していきます!

①少しずつシフトチェンジ

おもちゃや他のものに興味を
持ち始めるとおしゃぶりの執着が
やわらぐのでそのときがチャンス!

「こっちどうぞ」とおもちゃを渡し
少しずつシフトチェンジして
いきましょう。

②自発的やめられるように言葉で伝える

1歳前後から言ってることが
段々分かるようになってくるので
話せなくても言葉が通じてきます。

「おしゃぶりバイバイ」
「お兄ちゃん(お姉ちゃん)になるから
やめようね」

などと声掛けしながら
徐々に外す時間を設けて
外出時のときだけなど時間を
減らしていきましょう✨

③自然消滅を待つ

実は半数以上の人が
「自然にやめられた」
答えているんです。

※一部抜粋

そして
急に子供からやめたケースもあります👇

自然に…といえど”環境変化”もあったり
使用回数を減らしたりしている部分は
ありますが、ママ達が自然に
やめるコツを使いこなしているからかも
しれません✨

④スキンシップをとる

散歩をする・絵本を読むなど
やめさせる際はスキンシップが
結構重要です!

外出時におしゃぶりを手放せない人が
多いですが、散歩を繰り返すうちに
外での使用もなくなっていきます。

まずは
うるさくなっても大丈夫なところで
徐々におしゃぶりのない生活を
慣らしてあげましょう✨

⑤見えない場所に隠す

これは家にいるときに効果的な方法です。

物理的に隠して忘れさせます!笑

子供の適応能力は高いので
ない生活にも慣れるのが早い✨

おしゃぶりを探して
長時間泣くようであれば
他の方法で試した方がいいです。
(代替行動が起こってしまうため)

手っ取り早くやめさせるには
一番は早い方法と言えます。

【 おしゃぶり をやめさせる方法(番外編)】

中にはこんな感じで
「成長するんだ!」って
アピールしている子も♡

引きちぎるパワーすごい!笑

決死の覚悟でやめようと
思ったんですね、きっと✨

成長に感動しつつ可愛くて
微笑ましくなりました♡

海外での使用は当たり前? おしゃぶり の意外なメリット

おしゃぶり

実はおしゃぶり推奨派が多い海外。

新生児から使えるおしゃぶりや
産後すぐに利用していいか看護師さんに
聞かれるケースもあるそう…!

実際にアメリカに移住した友人は
「新生児から普通に利用していた」
話します。

その意外なメリットはおもに4つ👇

  1. 入眠がスムーズ
  2. リラックス効果
  3. 鼻呼吸を身につける
  4. 乳児突然死症候群(SIDS)の予防

あくまでもおしゃぶりを
推奨しているわけではないので
「こんなメリットがあるんだ♪」
参考程度にみて下さい。

めめママ

我が子の体験談も含めて
解説していきます♪

①入眠がスムーズになる

おしゃぶり

寝かしつけの際におしゃぶりを
加えることで安心感が生まれ、
入眠がスムーズにいくことが多いです。

実際に我が家でも次女が生まれた際に
利用していましたが、眠い時に
おしゃぶりを加えさせると
抱っこの必要がなく「加えれば寝る」
といったルーティンになりました…!

めめママ

長女のときも使えばよかった…と
後悔するほどスムーズで
びっくり!笑

  • 産後の寝不足
  • 抱っこの腱鞘炎予防
  • 夜泣き対策

として幅広く活用でき、何より
長女との関わりの時間をとることが
できた
と感じています。

②リラックス効果を得られる

赤ちゃんは生まれつき「吸啜反射」という
口に触れたものを無意識に吸うという
性質をもっています。

そのためおしゃぶりを「吸う」ことで
この吸啜本能を満足させ、

ストレス解消に✨

リラックス効果が生まれます。

めめママ

寝つきが悪い子にも
効果的なため
ママの負担も減らせますね。

我が家は食欲旺盛なのか母乳の
摂取量が十分なのに欲するしぐさ

みられたため、母乳時間が終わると
そのままおしゃぶりを加えさせていました。

めめママ

これは生後2か月のとき。
食欲旺盛さが伝わるような
ムチムチ感ですよね。笑すね。

完母だったのに1ヵ月検診でも
「ちょっと体重増えすぎかな…」
言われていたので、
おしゃぶりで代用ができて
本当に助かりました…!

こんな感じでげっぷをさせた後は
おしゃぶりを加えてそのまま寝るので
母乳が足りないというよりは
単純に吸うことが満足にできなかっただけ
のように感じています。

吸啜本能が満足することで
赤ちゃんにもリラックス効果が
生まれるのであればそこまで否定的に
なる必要はないかな?
と思えますよね。

③鼻呼吸の習慣が身につく

おしゃぶりをすることで
物理的に鼻呼吸を促進できます。

口呼吸がクセついてしまうと
口内乾燥しやすくなり
虫歯や歯周病などのリスクが

高まり口臭の原因にもなります。

海外でも鼻呼吸を促すために
おしゃぶりが推奨されているようです。

もちろん、鼻呼吸にするために
おしゃぶりが絶対必要!
というわけではないので
そこは勘違いしないで下さいね。

おしゃぶりを経験していない子でも
鼻呼吸はいずれできます。

我が家も鼻風邪をひいているときは
難しいですが、普段の就寝中は
鼻呼吸が習慣化され、おしゃぶりを
卒業した今でも口を閉じて寝ています。

自然と促されて習慣づくので
安心感はありました✨

乳児突然死症候群(SIDS)の予防

最後のメリットはSIDSについて。

私自身、流産経験があるため
「産後も何かあったらどうしよう」と
異常に気にしていました。

アメリカの小児歯科学会では
就寝中のおしゃぶりの使用が
乳児突然死症候群(SIDS)の

予防に有効と発表されています。

お昼寝時と就寝時におしゃぶりを提供します。これは、乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクを軽減するのに役立ちます。

AAP(米国小児科学会)

これは就寝中の乳児(1歳未満)
言われている話です。

確実ではないとはいえ
このような可能性が少しでも
軽減することが分かっていると、
母親としては安心材料のひとつに
なりますよね。

おしゃぶり のデメリット

おしゃぶり

長期使用のデメリットは
歯並びに悪影響がでますが、
その他にも4つのデメリットがあります。

  1. スキンシップが減る
  2. 発語が遅れる可能性
  3. 依存する恐れがある
  4. 指しゃぶりに移行することも

①スキンシップが減る

おしゃぶり

日中おしゃぶりをすることで
子供がリラックスしてしまい
コミュニケーションをとる機会が
少なくなることがあります。

また、「泣いたらおしゃぶり」を
繰り返してしまうと赤ちゃんが
何が原因で泣いているのか?という
大切なことが分からなくなってしまう
ことがあるので注意しましょう。

我が子もおしゃぶりを加えると
そのまま寝てしまうことが多く
スキンシップやコミュニケーシ
ョンが長女の時よりも少ない
というふうに感じました、


家事や仕事などやむを得ない時は
助かりましたが、
少し罪悪感があったのも事実…!

おもちゃなどに興味を持ち始めたら
徐々におしゃぶりが無い生活に
慣らしてあげ、スキンシップを
とるように意識していきたいですね。

②発語が遅れる可能性

おしゃぶり

1歳をすぎても常時おしゃぶりを
使用していると発語にも影響が出る
可能性
があると言われています。

1歳を過ぎたころから
外出時や寝かしつけのときなど
必要最低限にしていくことが
大切です。

しかし
発語の発達は一時的な遅れに過ぎないので
3,4歳頃には同じレベルまでに
発達すると言われています。

③依存する恐れがある

おしゃぶりをすることが
クセになっていると
就寝中におしゃぶりが外れることで
泣いてしまう可能性があります。

授乳中のような安心感が生まれるので
赤ちゃんも依存してしまいがち。

私も深く眠りについているときに
外して寝かせてたのですが、
浅くなった時に
「ふぇぇ~ん(おしゃぶり~)泣」
なる時がありました。笑
おしゃぶりが欲しいと起こされ、
寝不足になることもしばしば💦

こちらも「おしゃぶりすれば寝る」ことに
頼すぎていたことが原因だなと
反省することもありました。

泣き止ませる手段にならないように
注意が必要です。

④指しゃぶりに移行することも

「歯並びが悪くなるから早くやめさせたい」
という気持ちから無理やりやめてしまうと
口寂しさからそのまま指しゃぶりに
発展
することがあります。

指しゃぶりの原因はいくつかありますが
その一つにおしゃぶり卒業後の継続で
移行するケースが多いんです…!

私のインスタでも約1600人の
フォロワーさんにアンケートを取りましたが

おしゃぶり→指しゃぶりになった方は
何人かいらっしゃいました👇

※一部抜粋

「今がチャンス!」と思っても
子供にとってはまだ違った。あるいは
他の原因で指しゃぶりをすることもあります。

めめママ

様子をみながら使う頻度を
徐々に減らすのがよさそうですね

指しゃぶり はいつまで見守る?小学生まで長引く原因とは? 指しゃぶりはいつまで見守っていいんだろう?無理やりやめさせるべき?対策方法はある? 子供の 指しゃぶり はほとんどの方が1...

おしゃぶり は子供のタイミングでゆっくり卒業しよう!

おしゃぶりは2歳半までに
やめることをおすすめしますが
指しゃぶりなどの代替行動が
起きないように焦らずゆっくり卒業して
いきましょう!

大人や子供にとっても
メリットがあります👇

  1. 入眠がスムーズ
  2. リラックス効果
  3. 鼻呼吸を身につける
  4. 乳児突然死症候群(SIDS)の予防


デメリットもつきものですが
長時間・長期化しない限りは心配
する必要はありません。

気になる方は
歯医者で相談してみましょう。

最後まで見て下さり
ありがとうございました。

ABOUT ME
めめママ
♦歯科衛生士歴10年✨ 審美・インプラントなどの自費診療~ 虫歯治療・歯周病・小児・矯正まで幅広く経験。 ♦転勤族。主人・娘(3歳・1歳)の4人暮らし。  ♦主に「知って得する歯科情報」「子育てお役立ち情報」をメインに発信しています♪
関連記事
にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村