歯科情報

歯 を健康に保つ4つの方法!歯周ケアのプロが解説

歯 科衛生士ママのめめです♪

突然ですが
みなさんは自分の歯が何本あるか
ご存じですか?

歯が抜けると辛いことが3つあります。

それは

  • しゃべりづらい
  • 食べづらい
  • 力みづらい

とにかく違和感&ストレスなんです。

今回は歯の健康を保つ上で
根本的に改善する部分
まとめています。

「おじいちゃんおばあちゃんに
なってからの問題でしょ?」

思っている方に読んでほしい
内容です。笑

そしてこの方法を実践することで
歯の健康が保たれ
将来の医療費削減につながる
可能性が高まります。

めめママ

ぜひ最後まで読んで
参考にしてみて下さい。

厚生労働省の歯科疾患実態調査のデータ
をもとに歯科医院に長く勤める私が
徹底解説していきます!

【この記事の作成者】

【めめママ】
  • 歯科衛生士歴10年
  • 虫歯・歯周病・審美・外科・小児・矯正など歯科に関係するほぼすべての分野で実践経験あり
  • 2人の子を持つの育児奮闘中ママ

日本人が 歯 を健康に保てない根本的な原因

まず歯を健康に保てない
根本的な原因は歯医者に行かないこと

めめママ

どんな時に歯医者に行く?

歯が欠けた時とか
痛くなった時とかかなぁ!

そう!ほとんどの人が
異常を感じた時”しか
受診しないんですよね。

実際に予防先進国と比較しても
自費診療の海外より保険診療の日本の方が
圧倒的に低い!

日本人は体調に異常がでないと
病院や歯医者に定期的には
通わないですよね。

実際に
自ら定期的に検診歯のクリーニング
通院している意識の高い人は
かなり少ない現状。

80歳の平均残存数とかみると
ヒヤッとしますよね。笑

でもなんでこんなに
歯が抜けちゃうの?

めめママ

それはね、ほとんどの人が
慢性的な「あの病気」
抜けてしまうからなんだよ…

歯 が抜ける原因1位は断トツ〇〇!

ズバリ歯周病です!
歯が抜ける原因として虫歯よりも
リスクが高い病気。

めめママ

別名:サイレントディジーズ
(静かなる病気)とも呼ばれているよ

症状がかなり進行するまで
自覚症状がない恐ろしい病気。

【症状】

  • 歯茎が腫れる・痛い
  • グラグラする
  • 噛むと浮いた感じがする
  • 膿(うみ)の臭いがする

このような症状が出ている場合は
歯を支えている歯槽骨がすでに
なくなり、抜歯になるケースが多いです。

歯と歯茎の間(歯周ポケット)
4ミリ以上ある人が歯周病と断定
されるのですが、これは歯医者で検査
できます。

放置すると隣の歯に次々と影響する
ので早めの処置がおすすめです。

実際の罹患率は年齢別で
こんな感じ(ピンクの折れ線)👇

「平成28年歯科疾患実態調査」(厚生労働省)

グラフを見ると20代でも3割近い人が
罹患しています…!
(自覚症状ない方がほとんど)

理由は磨き残し。

歯周病に限らず、虫歯も同じです。
ではこのような慢性の病気などで
歯に異常を感じやすくなるのは
何歳頃からなのでしょうか?

歯 に異常を感じるのは〇歳頃が多い…!

実際に歯の衰えを感じた平均年齢は
50歳代…!

親知らずを除いて永久歯は通常28本
生えています。

50代に入ると4本近く失っている
ことになりますね。

今まで入ってた詰め物や被せ物が
慢性的に虫歯になったり
歯周病が重度に進行して
抜けているのが主な原因です。

また、歯を抜く原因の第3位として
「欠けた・割れた」といのがあります。

昔転んで歯が少し
欠けたことあるよ

めめママ

そぉそぉ、欠けた範囲が広いと
保存不可能なこともあるの

  • 事故でぶつけた
  • 硬いものを噛んで割れた
  • 虫歯で大きく欠けた
  • 歯ぎしり・食いしばり

など、歯へのダメージが大きく
抜歯の対象になることがあります。

ここまでが歯が抜ける原因でした。

では、最後に
歯を健康に保つ4つのコツ
お伝えしていきますね!

歯 を健康に保つ4つの方法

歯を健康に保つ主な方法はこの4つ👇

  1. 虫歯・歯周病を治す
  2. 定期管理と指導を受ける
  3. セルフケアにこだわる
  4. 歯磨き後に予防品を摂取する

虫 歯 ・歯周病を治す

歯

まずは歯が抜ける原因になる
虫歯や歯周病の早期治療を行うこと。

めめママ

これが根本治療です!

これは子供のうちから大事に
しておきない健康管理の1つ
当てはまります。

乳歯の 虫歯 予防に役立つ7つの方法! 乳歯を 虫歯 から守る方法について! 突然ですが問題です。 Q: 虫歯 菌がお口の中に定着するのは何歳からでしょ...

若いうちからの積み重ねで
将来の抜歯リスクもガクンと下がります。

何歳からでも遅くはないので
今ある歯を維持するためにも
異常を見つけたら早めに診てもらいましょう。

歯周病に関しては
タバコや生活習慣病の影響
罹患率も変わってくるので

  • 禁煙・節煙
  • 食事

なども見直していけるといいですね。

定期管理と指導を受ける

最低でも半年に1回定期検診を受けて
プロのクリーニングを受けましょう✨

歯磨きでは落とせない汚れ(歯石)
をリセットすることで
口内の細菌数が減り虫歯や歯周病の
予防につながります。

また、その際に歯科衛生士から
【歯磨き指導】を受け、

  • 磨き残している所
  • 正しい歯ブラシの当て方

などを知ることで、歯磨きの
除去率をあげ、歯の健康に対する
モチベーションを維持することができます。



セルフケアにこだわる

歯医者で定期検診を受けて
歯の健康意識が高まったら
セルフケアにはこだわりたくなるところ!

磨き残し多いって言われたけど
歯ブラシは電動にした方が
いいかな?

めめママ

歯垢の除去率はピカイチだよ☆

歯ブラシも歯磨き粉も
歯医者のおすすめ品を買ってもいいですし
話を聞いて自分に合うものを
探すのも良し!

歯科衛生士おすすめの 歯ブラシ と歯磨きグッズ9選 おすすめ 歯ブラシ と予防意識が高まる歯磨きグッズを紹介! 歯科医院で長く勤めている私がこれまで様々な歯科グッズ...

そして歯ブラシや歯磨き粉を使っていても
歯磨き後のフロスは必須…!

歯面の汚れをキレイに落としても
歯間の汚れは40%残ると言われています。

めめママ

歯間の虫歯は好発部位
歯石も蓄積しやすいので要注意。

フロス苦手なんだよなぁ

苦手な人でも歯垢を絡めとりやすい
おすすめのフロスはこちら👇

384本の細かい繊維で汚れを
絡めとり、歯茎のすき間に入れても
痛くないので上級者の方から
初めてフロスを行う方にも
おすすめします。

フロスのやり方や順番については
こちらを詳しく見て下さい👇

フロス と歯磨きどちらが先?正しい使用方法とは フロス と歯磨きの順番について 歯磨きを行うとお口の中の汚れがどのくらい落ちるのかご存じですか? 一般的...

④歯磨き後に予防品を摂取する

虫歯や歯周病になりやすい方

  • 歯磨きが苦手
  • 唾液量が少ない
  • 歯面に汚れが付きやすい
  • 細菌数が多い
  • 持病で免疫力が低い

など様々な原因があります…!

日々の歯磨きに予防品をプラスして
口内細菌を抑制し、
虫歯予防と歯質強化のために
役立ちます。

おもな予防品としてあげられるのは

  • キシリトール
  • 乳酸菌タブレット
  • フッ素

この3つ!

めめママ

我が家では歯磨き後に
キシリトールタブレットを
家族みんなで利用中。

キシリトール100%配合の商品

  • 虫歯菌の酸を抑制する
  • 歯を強くする
  • 虫歯菌を減らす

といった効果が期待できるので
子供のうちから摂取することで
将来の虫歯リスクを減らすことが
できますよ♪

キシリトールは虫歯予防に役立つので
歯周病菌やそれに伴う口臭の予防
したい方は乳酸菌タブレット
効果的です。

乳酸菌タブレット のおすすめ商品3選!歯科衛生士が解説 虫歯・歯周病・口臭予防に役立つ 乳酸菌タブレット ってご存じですか? 乳酸菌は、善玉菌の代表的な細菌です。悪...

歯医者のフッ素塗布だけでなく
自宅でもフッ素塗布をしたい方
歯磨き後に定期的に取り入れてみましょう。

フッ素塗布 が自宅でできる!おすすめ商品4選を歯科衛生士が紹介 ~自宅でできる”フッ素塗布”について~こんな方におすすめの記事です👇 虫歯になりやすい治療が終わり予防...

※これらの商品は
定期検診受診後から利用すると、
より効果的に働きます✨

歯 を失う前の予防が大事!

歯に限らず、体の不調もなってから
治療しにいくのではなく
未然に予防することが大事。

めめママ

とはいえ、経験から学ぶことが
多いですよね。

歯磨きも回数を多くこなすより
質の良い歯磨きを1回行う方が
断然いいので参考までに✨

そのためにも短時間で済み、
強力な洗浄力で歯垢をかきだす
電動歯ブラシはおすすめです。

歯の健康を保つアイテムとして
ぜひ活用してみて下さい!

コスパ・機能性重視のおすすめ 電動歯ブラシ 10選! コスパ・機能性に優れた”電動歯ブラシ”を長年歯科医院に勤めた私が専門知識を元に比較し、解説していきます。 電動歯ブラシの...

最後まで見て下さり
ありがとうございました。

ABOUT ME
めめママ
♦歯科衛生士歴10年✨ 審美・インプラントなどの自費診療~ 虫歯治療・歯周病・小児・矯正まで幅広く経験。 ♦転勤族。主人・娘(3歳・1歳)の4人暮らし。  ♦主に「知って得する歯科情報」「子育てお役立ち情報」をメインに発信しています♪
関連記事
にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村