妊娠・出産・育児

ワンオペ育児のお風呂をスムーズに入れるコツ!便利グッズも紹介

ワンオペ育児のお風呂をスムーズに入れるコツ!便利グッズも紹介

ワンオペお風呂が大変…自分が洗っている間子供はどうやって待たせよう?
みんなはどうやって一緒に入ってるんだろう?

このような方におすすめの内容です。

旦那さんの帰宅が遅い方は必然的にワンオペ育児になりますよね。

そんな中でも子供とのお風呂って一番体力使いませんか?笑

中でも赤ちゃんのお風呂は一番の難関といっていいほど、誰もが悩む育児の壁とも言えますよね。

子供が増えると、負担や悩みはさらに倍増すると言っても過言ではありません!!

そこで今回は、ワンオペお風呂経験者の2児ママの私が、スムーズに乗り切るコツや基本的な流れ・愛用しているおすすめ便利グッズを紹介していきます!

また、ワンオペお風呂を経験してきた先輩ママの体験談も紹介していくので、私のやり方とは異なる実践方法もぜひ参考にしてみて下さいね♪

めめママ

最後まで読むとワンオペお風呂の不安が解消されて、スムーズに入れられる工夫ができるようになりますよ!

ワンオペお風呂をスムーズに入れるコツ

まずは、ワンオペお風呂をスムーズに乗り切るために以下のことを実践していきましょう👇

  1. お風呂に必要なものを準備する
  2. 脱衣所は赤ちゃんの待機場所を確保する
  3. 部屋やお風呂の温度調整をする
  4. 便利なお風呂グッズを活用する
  5. お風呂からすぐにあがれる工夫をする
  6. 無理な日はあきらめが肝心!

具体的なコツを以下で紹介していきますね!

① お風呂に必要なものを準備する

【ワンオペお風呂の準備リスト】

  • 体を洗うガーゼ
  • おむつ
  • 子供・ママの着替え
  • バスタオル
  • ボディークリーム
  • 綿棒
  • ドライヤー
  • ミルク・白湯

1人で子供を入れる際は、このような準備が必須です…!

準備を忘れて全裸でリビングダッシュ!という私の経験上、その間に子供が泣きだしたり洗面用品を口に入れていたり、ワンオペお風呂がさらに苦痛に感じてしまう現象に陥ることがあります。(笑)

めめママ

パパにお風呂をお願いする際は、上記のような準備リストを紙にして渡したこともありました。

また、赤ちゃんの場合は沐浴時と同様でバスタオルの下にベビー服を広げてセットし、体を拭いたらすぐ着替えができるようにしておくとスムーズです。

子供を優先しすぎるあまり自分の着替えを忘れることがあったので、ママの着替えもしっかり準備しておきましょう。真冬は要注意です…!(笑)

②脱衣所は子供の待機場所を確保する

お風呂あがりは、子供を着替えさせるために待機場所を確保しておきましょう!

私がスムーズに行えるように使ったアイテムたちはこちら👇

  • バウンサー
  • ハイローチェア
  • ジョイントマット
  • 吸水タオル
  • 仕分けケーズ

まず、上の子しかいなかった時はハイローチェアが万能でした👇

寝ていれば先に私だけ洗うようにしたり、ベビー服とタオルもここにセットすれば全て完了するので、赤ちゃん時代にとても重宝したアイテムです☆

子供が2人になると、上の子を着替えさせる間にバウンサーを使って下の子に待機してもらっていました。

また、2人とも歩けるようになってからは、私はバスマットの上に行き子供はジョイントマットの上で着替えを行っていました。

めめママ

防水加工のものが多いので、1枚しいておくと便利です♪

使ったおもちゃは浴室内に保管するとカビるので、脱衣所に吸水マットを1枚おき、その上で乾かすようにしています。

脱衣所に、保湿クリームや綿棒などを一式入れられる小物ケースがあると、準備の時短になりスムーズですよ♪

月齢に合わせた育児用品をフル活用していきましょう!

③部屋や浴室内の温度調整をする

浴室が洗面所などと繋がっている場合は、扉を閉めて冷えないようにしておきましょう。

また、お風呂の温度は以下が目安です👇

  • 暑い日→38~39℃
  • 寒い日→40℃

めめママ

我が家は浴室暖房が無いので、お風呂のフタをせずにお湯を沸かして浴室を事前に温めてます♪

湯冷めしないようにあがったらすぐ着替えられる導線も作っておきましょう!

④便利なお風呂グッズを活用する

毎日の日課であるお風呂には便利グッズをどんどん取り入れましょう。

便利グッズを使うことで、お風呂の時短につながり負担が軽減されます。

人手がない分、便利なお風呂グッズを上手に活用して赤ちゃんが泣かない工夫が大切!

めめママ

比較的お手ごろな価格のお風呂用品が多いので、便利なグッズに頼って乗り切っていきましょう!

⑤お風呂からすぐにあがれる工夫をする

入浴時は子供の「まだ入る!出たくない!」という言葉に悩まされることはありませんか?

特に子供が2人以上いる場合は、どちらかがだだをこねるケースもあると思います。

めめママ

入浴時間も長くなってしまうと、のぼせる恐れもあるので心配ですよね。

こんな時は、お風呂からすぐにあがれる合言葉などを用意して、一定時間が過ぎたら上がれるような工夫をしていきましょう!

我が家の場合は絵本を読むことが大好きなので「今日はお布団で何の絵本見る?」と誘い、お風呂モード→絵本モードへと切り替えて上がることに成功するパターンが多いです。

このようにお子様の遊びモードを切り替えられるような工夫をしておくと、お風呂からスムーズに出られるのでおすすめですよ♪

⑥無理な日はあきらめるのが一番!

育児疲れがピークでお風呂に入れる体力がない・子供の機嫌が悪く中々お風呂に入れないなど、ワンオペをしているとこのようなことが多々あります。

そんな時は無理せず、お風呂に入ることをあきらめましょう!

めめママ

濡らしたタオルで体を拭くだけの日があっても大丈夫!

中には、2日に1回しかお風呂に入らないというご家庭もあると思います。

1日お風呂に入らなくても子供は死にません。まずは「ママの気持ちのゆとり」を最優先して”あきらめる”のも1つのコツとして、ワンオペ育児を楽しみましょう!

では次にワンオペお風呂の基本的な流れを紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さい!

超最速?我が家のワンオペお風呂の基本的な流れ

子供のお風呂

我が家が実際にスムーズに行えている方法として一番効果的だったのは、夕食→お風呂→寝室という流れです!

理由は2つ👇

  • 夕食中に汚れるリスクを心配しなくていい
  • 寝つきがいい

お風呂→夕食の場合だと、また汚してしまう可能性があるので夕食後にお風呂に入ればいちいち気にしなくていいいのがラクです♪

そして、温まった状態で寝室へ直行すれば体温が徐々に下がり眠りへつきやすく、実際に夕食前に入れていた時も寝かしつけがラクになりました!

めめママ

全く一緒にする必要はありませんが、寝かしつけまでワンオペの方は以下の流れがおすすめです。

では、2児ママである私がワンオペお風呂の基本的な流れを紹介していきます!

①お風呂の事前準備をしっかり行う

  • 着替えスペースを作る
  • 赤ちゃんの場合は待機場所の確保
  • 室温調整
  • タオルや着替え類の準備
  • ドライヤーや歯ブラシ

寝る前に済ませるべきものを全て準備しています。

めめママ

浴室と洗面所がつながっているので、お風呂上りのドライヤーや歯ブラシもここで行います。

全てが終わったら、お水を飲んで寝室へ直行!という導線が一番スムーズにできている方法です♪

②体を洗う順番は「大人→子供」の順

お風呂入ってすぐは、子供がおもちゃにロックオンするのでその間に自分をガーーっと洗います。

めめママ

基本目をあけて様子を見つつ、お風呂マットの上で待たせています。

そのあとは上の子に「どっちから洗う?」と聞き、言われた方から一気に全身洗います!
(なるべく上の子の気持ちを優先)

③3人で一緒に入浴する(5分くらい)

全員洗った後に一緒に入浴して温まりタイム♡

めめママ

「終わった~!」と一息つける至福の時間です。笑

下の子も小さいので、3~5分を目安に上がりますが、万が一上の子が遊び足りない場合は湯舟で待たせて先に下の子と一緒に出るようにしています。

④脱衣所で体を拭いて保湿・着替え

浴室を出てすぐの所にタオルを用意しているので、そのまま子供たちをタオルでくるみ脱衣所へ誘導します。

私はタオルで拭かずにタオル地のバスローブを着て、まず子供たちをサッと拭きます。

そのあとは、全身保湿できるクリームで子供の顔・体をバーっと塗り、おむつを履かせる!

めめママ

おむつまで履かせると、漏らす心配がなくなるのでちょっと安心しますよね。笑

子供の着替えが終わったら座った状態で歯ブラシを持たせ、磨いて(遊んで?)いる間に私が着替えています。

⑤歯磨き・ドライヤー

私が着替えた後は、歯磨きしている子供の髪をドライヤーで乾かします!

めめママ

集中しなかったり、嫌がる時は先に仕上げ磨きを行って順番を前後させることも

仕上げ磨きは基本、上の子が先にやりたがるので下の子はバンボで待機。上の子の歯磨きを集中して行えるので1つあると便利です。

⑥水分補給

全て完了したら、「お水飲んでおいで~」と用意していた飲み物を飲ませにいき、私がドライヤーやスキンケアしている間だけフリータイム♡

終わり次第、寝室直行で寝かしつけに入ります。

毎日の流れはこんな感じですが、女性の日や疲れピーク一緒に入りたくない日も時々あります。

めめママ

たまには、1人でゆっくり入りたい…なんて日もありますよね。

そんな日は無理せずに、子供だけ順番に洗ってすぐにお風呂を済ませる方法でも十分です。

自分にあったやり方を見つけてみて下さいね♪

重要なのはここから!

ワンオペお風呂がさらにラクになる便利グッズを紹介するので、時短や負担軽減にぜひ役に立ててください!

ワンオペお風呂をスムーズに乗り切る便利グッズ!

ワンオペお風呂に役立つ便利グッズは以下の8つ👇

※気になる項目を押すと、商品詳細をすぐに確認できます。

めめママ

これまでのワンオペお風呂経験で、スムーズに行えるようになった便利品ばかりなのでぜひ1つずつチェックしてみて下さいね♪

ではさっそくいきましょう!

①オールインワンシャンプー【haru】

haru kurrokamiスカルプ

引用元:haru

haruは産後の髪トラブルのために開発されたエイジングケアシャンプーです✨

  • リンス・コンディショナー不要
  • 100%天然由来で子供も使える
  • ノンシリコンなのに泡立ちがいい
  • ボリューム&美髪ケアができる
  • 頭皮の角質を柔らかくする

まず、リンス不要なのでこれ1本で洗髪終了!笑

子供と一緒に使えて髪を洗う時短グッズとして役立ちます。

泡立ちはこんな感じ👇

haru kurrokamiスカルプ

引用元:haru

洗いあがりもきしまないですし、1番実感したのは長女の頭皮臭を感じなくなったこと!!

めめママ

汗臭さが取れている感じです

100%天然由来の洗浄成分が頭皮の古い角質を柔らかくし、取り除きやすくしている特長があります。

今は家族みんなでこれ1本を利用してるので、色々買い足す必要がないので便利♪

公式サイトで購入するとシャンプーブラシ付きでお安く買えますよ!👇

【公式サイトはこちらから】

haru kurokamiスカルプ

ネット購入はまとめ買いがお得です!

>>便利グッズ一覧に戻る

②飽きずに楽しめるお風呂おもちゃ

自分が洗っている間に子供が飽きずに遊べるお風呂のおもちゃは必須とも言えますよね。

我が家が利用してるのはこどもちゃれんじのお風呂おもちゃです!

知育教材で有名ですが、実は数カ月に1回お風呂用のおもちゃが届くのをご存じでしょうか?

実際に大活躍しているおもちゃの一例はこちら👇

こどもちゃれんじのお風呂おもちゃ

だいぶ年期が入ったように見えますが…(笑)それくらいお気に入りで、毎日飽きずに遊んでいます♪

めめママ

0歳から年齢に合わせた知育おもちゃや絵本が届くので、お風呂以外も大活躍しますよ!

なんと、加入前にお試しができる無料体験もあります!👇

出典:こどもちゃれんじ

無料体験は資料請求するとすぐに届くので、「まずはお試したい!」という方は気軽に取り寄せしてみて下さいね!

【こどもちゃれんじ公式ページ】

資料請求or詳細はこちらから

>>便利グッズ一覧に戻る

③長く使えるベビーバス

浴室内にベビーバスを置けるスペースがあればこういうタイプが長く使えておすすめです👇

ベビーバス

引用元:Amazon

  • お尻ストッパーがあるので首座り前から寝かせられる
  • 自分が洗っている間にお湯をためて子供を入れておける
  • お風呂と同じように洗えて衛生的

お尻ストッパーがあるので、首座り前でも寝かせて見守ることができ、お湯もためることができるので寒い日も安心。

めめママ

新生児の沐浴でも活躍できるアイテムです♪

3歳1歳になった我が子は、今でも2人でこのベビーバスに入って遊んでおり、お風呂では中々できない泡風呂もベビーバスがあると気軽に楽しめますよ♪

また、寝かせるタイプでひんやりしないお風呂マットも便利!

めめママ

寝てる状態なので洗う時もラクに行えます。

お尻の部分にお湯をためることもできて、大きくなったらイス変わりにもなりますよ♪

>>便利グッズ一覧に戻る

④お風呂マット

浴室内は滑りやすいので転倒防止のためにもお風呂マットは必須の便利アイテムです。

バンボのようなお座りタイプのお風呂マットも購入しましたが、つかまり立ちできるようになると抜け出します。笑

めめママ

短期的な使用になってしまうので、お座りタイプはいらなかったです。

滑り止めにもなるので、歩くようになっても長く使えますよ♪

>>便利グッズ一覧に戻る

⑤全体保湿クリーム

お風呂上がりの保湿には顔~体まで全身保湿できるセタフィルが便利です👇

セタフィル

引用元:セタフィル

  • 顔~ボディ全てに使用可能
  • 敏感肌・乾燥肌用のスキンケア
  • 水分と油分をバランスよく補給
  • 保湿力抜群のアボカドオイル
  • 朝までしっとり
  • 591mlなのでたっぷり使える

私も子供もお風呂上りはこれ一本で全身ワーーっと塗って終了✨

めめママ

大容量なので沢山使っても全然減りません!

化粧水やクリームを分けて使わないので時短になります。

低刺激・無香料で敏感肌のお子様や大人の方も家族全員で利用することができますよ♪

コストコに売ってますが、遠い方はネットショップがお得です👇

>>便利グッズ一覧に戻る

⑥バスローブ

ママの着替えは後回しになってしまうので、そのまま吸水してくれるタオル地のバスローブがおすすめです!

めめママ

綿100%のタオル地だと肌にも優しく、吸水性もあるので体を拭かずにサッと着れて便利。

特に冬場は、室内を温めていても体が冷えやすいので1着あると心にゆとりをもって子供を着替えさせられますよ♪

>>便利グッズ一覧に戻る

⑦万能袋

お風呂に入る際に、おむつの処理やお風呂の髪の毛などをまとめて入れられるビニール袋が1つ脱衣所にあると便利です。

服を脱がせた後にゴミ箱まで捨てに行くのは面倒ですよね。

そのためにもお風呂に入っている間に放置できるよう、ビニール袋に入れておきましょう。

めめママ

ビニール袋の中でも、水漏れせずニオイも漏れないパン袋がおすすめ!

お出かけ用のおむつ袋としても活用できますし、既存のおむつ袋よりも1枚あたりが安いのでおすすめです!

>>便利グッズ一覧に戻る

⑧100均のフック

お風呂で使うシャンプーなどはできるだけ100均アイテムを使って浮かせておくのがおすすめです👇

子供が何でも口に入れてしまう時期は心配ですよね。

めめママ

娘は泡シャンプーのノズルに指を入れて泡を食べようとしてたことがありました。笑

勝手に出して遊ばせないためにも、ボトルを浮かせるアイテムなどを使って手の届かない所に置いておくと便利ですよ♪

>>便利グッズ一覧に戻る

ワンオペお風呂を乗り切った先輩ママの体験談

では最後に、私と同じくワンオペお風呂を乗り切った先輩ママの体験談もまとめたので、あわせて参考にしてみて下さい!

子供1人のワンオペお風呂体験談

【体験談】

・首が座って生きた頃から一緒に入浴するように。首が動かせる範囲が広がり、周りをキョロキョロし、いろんなものに興味を示すので色があざやかなおもちゃを与えて時間稼ぎ! その間にササッと洗っていました。

・赤ちゃんの腰がすわってからは、ひざの上に座らせて体を洗うように。手への負担が減って、かなりラクになりました。泡を流すときは横抱きにして目に水がかからないようにしていました。

・生後9か月。休日パパがいても「ママがいい」と泣きじゃくるように。結局私がお風呂担当することに…。手を離してもひとりでじょうずにおすわりできますが、転倒リスクもあるのでバスチェアに座らせていました。

子供2人のワンオペお風呂体験談

【体験談】

・下の子がよく動くようになってからは、下の子→上の子の順番で洗っていました。その間、上の子には洗い場で遊びながら待っていてもらいます。洗い終わった下の子は、お湯を入れていない浴槽の中で遊ばせておきました。

・下の子が生後1カ月を過ぎたあたりから、子2人と同時入浴開始。入るときも出るときもリビングで着替えていました。

・リクライニング可能なアンパンマンのバスチェアを使って上の子を待たせる時は座った状態、下の子を待たせる時は寝かせた状態で利用してました。2人ともアンパンマンが大好きなので喜んで座ってくれます。

このほかにもママが時短のために「ショートカットにした!」という体験談もありました♪

【まとめ】便利グッズを利用してワンオペお風呂をスムーズに乗り切ろう!

ワンオペは想像以上に大変ですよね。

ワンオペお風呂をスムーズに乗り切るためにも便利グッズを有効活用していきましょう!

最後にもう一度まとめますが、スムーズに乗り切るコツはこちらです👇

  1. お風呂に必要なものを準備する
  2. 脱衣所は赤ちゃんの待機場所を確保する
  3. 部屋やお風呂の温度調整をする
  4. 便利なお風呂グッズを活用する
  5. お風呂からすぐにあがれる工夫をする
  6. 無理な日はあきらめが肝心!

便利なお風呂グッズはこちら👇


時短術や便利品が揃うことでイライラや負担も減り、スムーズに入浴できるようになったので、ぜひ参考にしてみて下さいね♪

最後まで見て下さり
ありがとうございました✨

ABOUT ME
めめママ
♦歯科衛生士歴10年✨ 審美・インプラントなどの自費診療~ 虫歯治療・歯周病・小児・矯正まで幅広く経験。 ♦転勤族。主人・娘(3歳・1歳)の4人暮らし。  ♦主に「知って得する歯科情報」「子育てお役立ち情報」をメインに発信しています♪
関連記事
にほんブログ村 健康ブログ 歯磨き・歯の健康へ
にほんブログ村 にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村